声優の立花慎之介の嫁は?結婚で炎上って何?本当のファンなら祝福を?

WS000049

声優の立花慎之介さんが彼女と結婚されたようですね。

今までファンだった人の悲痛な思いがネットで溢れているようです。

気になりますね。調べてみましょうか。

プロフィールからどうぞ

立花 慎之介(たちばな しんのすけ)
愛称 慎ちゃん、タチ、しんのす
性別 男性
出生地 日本・岐阜県岐阜市
生年月日 1978年4月26日(38歳)
血液型 A型
身長 175 cm
職業 声優
事務所 アクセルワン
配偶者 高梁碧(2017年 – )
公式サイト サムライエイジ
活動期間 2003年 –
デビュー作 キョウ(『E’S OTHERWISE』)

結婚相手は高梁碧?画像は?

WS000050

イケメンで声優界でも人気があった立花さん。

結婚相手は誰なんでしょうか?

声優の立花慎之介(39)と高梁碧(たかはし・あお)1日に結婚した。5日にそれぞのブログで報告した。

同じ人気声優同士がくっついたのですね。

お互い美男美女でお似合いですね。

お互いのブログで2017年1月5日に報告があり。

WS000051

立花さんは5日正午に「皆様にご報告させていただきます。」というタイトルでブログを更新。高梁さんも「いつもお世話になっている皆様へ」というタイトルでブログを更新し結婚を報告しました。立花さんのブログにはお互いの指にはめたおそろいの指輪の写真が公開されており、高梁さんのブログにも同じ指輪の写真が掲載されています。

お揃いの指輪をUPとはラブラブですね。。。。

これは大ファンだった人はショックだったり祝福したりいろんな人が

生まれたでしょうね。

スポンサードリンク

結婚で炎上ってどういうこと?

WS000052

ネットでは立花さんが炎上って記事が良く上がっていますよね。

どういうことなんでしょうか?

立花さんが結婚してファンは祝福モードは間違いないようです。

かなりのファンが一気に祝福のメッセージを送ったんだとか。

でもその影でやっぱりショックなファンもいたようで・・・・

声優立花さん結婚.ファンの妻、元気がないです

僕に対してはいつも通りを装っている妻。
口では「めでたい!」と言っています。

でも明らかに元気がありません。
原因は声優の立花慎之介さんの結婚かと思います。

妻は十数年前からファンのようです。
他の声優さんや、芸能人で好きな方はいないのだと思います。
アニメも立花さんが出ていなければ興味なしと言った感じです。

家事が苦手な妻ですが、立花さんの声を聴ければ頑張れるそうで、
毎日のようにipodで聴いていたのですが

口では祝福をしているものの・・・・

気持ちがついていけてない状態のようです。

ここまでの大ファンだと確かにつらいでしょうね。

また

公式LINE本当のファン発言で炎上?

 

立花さんの公式LINEに結婚おめでとうのメッセージを送信すると

長文が返ってくるようですね。今もかな?

その中に本当のファン~っていうメッセージが。。。。

これによって一部のファンが一気に炎上しちゃったみたいですね。

確かに、、、、ファン?本当のファンって何だろうってなりますよね。

結婚を祝福できるのが本当のファン?

解釈は人それぞれですがね。。。。

声優さんも一人の人間だし、いつか恋愛も結婚もいずれはするわけだし。

どうにかして結婚の事実をファンは消化していくしかないですね。。。。

思い入れや気持ちって大きいですからね。

それがフっと無くなったらその気持ちが何か別の

ものに変わってしまうことだってありますよね。

それでは今日はこのへんでsee you

スポンサードリンク

「声優の立花慎之介の嫁は?結婚で炎上って何?本当のファンなら祝福を?」への2件のフィードバック

  1. 皆さんからそう言ってもらえることが本当に嬉しいです!!

    やっぱり公表するにあたり、いろいろ考えました。
    仕事に影響するんじゃないか…
    僕や碧に対する批判やデメリットもあるよね…などなど。

    ですが僕は思いました。
    今まで僕を応援してきてくれたファンの皆さんに対して非礼をすべきではない。
    まずは最初に僕からの言葉として、皆さんに正面からぶつかるべきだよな…と。

    故にこうしてブログという形になりましたが、自分の言葉でご報告をさせていただきました。

    これを真正面から受け止めてくださった、本当のファンの皆さんには心から感謝いたします。
    今まで僕のファンとしていてくれてありがとう!
    これからも楽しいことを続けていきます!!
    もし良ければ今後もかわらずの応援をいただけるととても嬉しく思います☆

    立花慎之介より。

    以上がおめでとうございますと送ると返ってくる全文です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です