稀勢の里の嫁は誰?彼女もいないの?意外にも結婚はまだだった?

横綱、稀勢の里関。

優勝おめでとうございます。

素晴らしい相撲でしたね。

これが横綱か。というのを感じました。

そんな稀勢の里関、実は結婚はまだのようなんです。

意外ですよね。そこらへんをさぐっていきたいと思います。

まずはプロフィールからどうぞ

稀勢の里 寛(きせのさと ゆたか)

1986年7月3日生まれ 30歳

茨城県牛久市出身(出生地は兵庫県芦屋市])

田子ノ浦部屋(入門時は鳴戸部屋)所属の現役大相撲力士。第72代横綱

本名は萩原 寛(はぎわら ゆたか)

愛称はハギ。身長188cm、体重175kg

趣味はスポーツ観戦、好きな食べ物はのっぺい汁、焼き鳥、フグ刺し、紀州南高梅

龍ケ崎市立松葉小学校、同市立長山中学校卒。

得意手は左四つ・寄り・突き・押し。血液型はB型。

締め込みの色はナス紺。

生まれつき左利きであり、矯正により両利きになったが主に左手を使う。

スポンサードリンク

意外にも嫁はまだいない?理由は?

稀勢の里関、私は絶対結婚していると思っていました。

お相撲さんって美人嫁のイメージでモテると思っていましたので。

しかも横綱ですよ。意外すぎる。

 稀勢の里ももう30歳。そろそろ「嫁とり」の方も気になるところで、貞彦さんは「いい人がいればね。本当は奥さんと手と手を取り合って、やっていってもらいたい」と本音を吐露。「でも、現役中は無理だろうね。本人が器用じゃないし。そこまで精神がいっていない。まだ子供なんだよ」と苦笑いを浮かべ、早くもあきらめ顔だった。

まだまだ結婚は先とのこと・・・・

そろそろいい歳ですね。

「寛の結婚観からすれば、現役でいる間は結婚しないでしょう。決して器用な男ではありませんから。結婚と相撲、両立はできませんよ。今は本人が相撲だけに邁進したいはず。綱取りは成し遂げましたが、まだまだ本人も、納得いく相撲は取れていないんですから」

貞彦さんはこう続ける。

「じつは私も結婚して彼の親になったのは40歳のときでしたよ。それに何より、師匠の鳴戸親方にしても、現役中は独身を通していた。そういうことも寛は、横綱はよく知っているんです。まあ晩婚が当たり前の時代ですから、いまどき男は40歳までに結婚すればいいでしょう。あと10年は相撲道に専心してもらいたい」

貞彦さんっていうのは稀勢の里関のお父さんに当たります。

お父さんも結婚を心配しているようですが、稀勢の里関の親方が現役中は結婚していないこと。

お父さん自身も結婚が遅かったこと。

稀勢の里関も相撲に集中したいこと。

そこらへんを考えるともう少し先になりそうですね。

嫁取りはいつに!?

少し寂しいですが、でもいい出会いがあれば急展開もあるかもしれませんよね。

今、人気絶頂なだけに期待したいとこではあります。

私が思うに稀勢の里関もそこまで結婚を意識していないでしょうし。

なんでしょうか。優勝後にも稽古って言葉が口に出るくらいですから。

まだまだ自分の相撲に納得できてないんでしょうね。

器用な人とは思えませんが、誠実ですっごいい人だろうなと思います。

スポンサードリンク

彼女はいないの?画像は?

嫁がいないのは良く分りました。

じゃ現在お付き合いしている人はいないのでしょうか。

ネットで検索すると

まい 宝塚 同級生 安部尚美 etc

彼女についていろいろ出てきますが全部噂や過去の話っぽいですね。

画像も特にそれらしいのはありませんでした。

本人自身、30歳の誕生日でもまだ結婚はないよ。

と話していましたし。

お見合いの依頼も来ているようですが、お断りしている様子。

彼女はいないと考えて良いでしょうね。

しかしですよ。

この相撲人気が上がっている中、主役の稀勢の里関が狙われない

わけがありませんwww

きっと彼女候補が上がってくるはずです。

相撲愛を貫く稀勢の里関。

そんなところにも男らしさを感じますね。

これからどうなるのか待っておきましょう。

それでは今日はこのへんで。

see you !!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です